トップページ航海日誌WindowsUpdate失敗とMSマウスキーボードセンター

« Windows8深夜販売いってきた | ブログトップ | TERAめいど »

WindowsUpdate失敗とMSマウスキーボードセンター

突然だが今日WindowsUpdateを確認したら再起動要求→再起動→構成に失敗→再起動→元に戻るの切ない状態に。

アップデート履歴でエラーコードを確認するとKB2685811がエラーを起こしている模様。Windows7用カーネルモードドライバーフレームワーク(バージョン1.11)らしい。
しかしこの再起動祭りというか挙動、何か見覚えがある。

先日Windows8発売記念パックについてきたWedge Touch Mouseを接続→マイクロソフトのマウスキーボードセンターがアップデート→再起動要求で構成に失敗→今まで使っていた普通のTOUCH MOUSEまで巻き込みで使用不能→仕方なく旧バージョンのインテリポイントを再インストールという切ないオチだった。

とりあえずマウスキーボードセンターにアップデートすると強制的にKB2685811がインストールされ、その時にメインPCはエラーをはいて結果的にマウスキーボードセンターが動作できなくなっていたらしい。

原因はKB2685811というのが判ったところで必須アップデートとして落ちてきて失敗されるんじゃどうしょうもない。
一方同じくマウスキーボードセンターをアップデートして問題なかったPCがあった。2台の相違点は…ありすぎる。失敗したのがX79で成功したのがZ68だし、Windows7 64bit搭載ってくらいしか共通点が無い。

…X79?そういやASRockのRAMディスクでTEMPファイルをRAMに飛ばす設定をしていた。しかも再起動でデータ飛ぶヤツ。明らかに怪しいのでRAMディスクはそのままTEMPだけ元のCドライブに戻してみる。

ハイあっさりKB2685811のインストールに成功。調子にのってMSマウスキーボードセンターも最新版にしてみるとこれまたあっさり成功。
これでやっとTOUCH MOUSEの弱点の一つだったジェスチャに任意の操作を割り振れない点がある程度改善されるぞ!(最新版だとカスタマイズ可能になる)。

幸いその後RAMディスクのTEMP設定を元に戻しても問題は起きなかった。面倒だけど何だかんだで面白いな(オイ


ちなみに別PCで実験したら、ASRockのXfastRAMに限らず別のRAMディスクソフトでもTEMPを飛ばしているとに失敗するっぽい。

コメント (2)

匿名熱望:

全く同じ症状で悩んでいました、RAMディスクも場合によっては考え物ですね・・・。大変参考になりました!

下小川:

RAMディスクの使用法の中でもTEMP飛ばすのは定番なので、罠ですね。
幸いコレ以降のWindowsUpdateでは同じ現象は起きていないのですが。

自分用の備忘録も兼ねて書いたのですがお役に立てたようで幸いです!

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2012年11月14日 20:56に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「Windows8深夜販売いってきた

次記事:「TERAめいど

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36