トップページ航海日誌東芝無線LANSDカードFlashAir SD-WL008G

« 放置プレイに平穏のあらんことをベイベー | ブログトップ | 自作PCのスペックと写真を並べただけ »

東芝無線LANSDカードFlashAir SD-WL008G

※買ってきたばかりなので確認不足による間違った内容も含まれている可能性があります。気づいた点は適宜修正しておりますのでご了承を。
120310_1.jpg
せっかく発売日に人柱したんだからZigsowだけじゃなくブログにも書かせてください。

私の用途だとどうしてもデジカメ・PC間の写真移動回数が増えてしまう。デジカメのSDを毎回PCに差し替えたり、USBケーブルをずるずる引っ張ってたら端子やカバーやゆるゆるになってしまう。
120310_0.jpg
というわけで発売日に買ってきちまったFlashAir。一見すると単なる8GBクラス6のSDHCカードなのだが、なんと無線LAN機能をSDカードサイズにぶち込んだハイテクマッシーンです。Eye-Fiと似てるようでわりと違うらしい。以下使用カメラはすべてRICOH CX3だ。
朝っぱらにビックカメラいったら、店頭に見当たらなくて、店員さんに尋ねたらまだ陳列する前で裏の箱からえっさほいさ探してきてくれました。手間かけちゃってゴメンヨ。
120310_2.jpg
当然見た目は単なるSDHCと同じ。

ちなみにEye-Fiは持ってないので実使用での比較はできませぬ。私はFlashAirの大雑把な使い方と使用感を書くので、Eye-Fiとどのように違うのかは皆様でご判断くださいまし(投げやり)。まあ先に言っておけばEye-Fiのがラクですきっと。

大前提としてEye-Fiと異なるのは、完全に独立した機器として動くEye-Fiに対して、FlashAirはある程度の制御を対応機器側で行うという点。…でもまだFlashAirに対応した機器なんてねえよ!!

つまり現状の従来型機器で利用できるのは公式サイトの機能紹介で謡われている内容の“ワイヤレスデータ「転送」機能”になる。これがよくも悪くもマジでWEBサーバーなのだ。
最初発表された時はてっきり、家庭内の無線ルーター等を経由してネットワーク内の一部機器として使用されるのだと思っていたのだが…しつこいようだがマジでWEBサーバー。


まず購入時の注意点として、買ってPCに挿したりカメラに挿した時にフォマット(初期化)しないこと。下記の設定ユーティリティもカード内に保存されているのでフォマットするとソイツも消えてしまうのだ。
もしフォマットしてしまった場合下記の設定ユーティリティをインターネット経由でDLしてもう一度初期化するという二度手間になってしまう。

120310_5.png
というわけで初期設定。初期設定は適当なカードリーダーを使いPCに接続、専用のソフト上で設定を行う。逆に言えば初期設定以外ではこのソフトを使うことが無いので別にインストールされていないPCでも後述のアクセスは可能。
SSIDに任意の文字列(ウンバボ族の逆襲とか)をいれて、パスワードを設定するだけ。

但し普段使っていた古いSDHCカードリーダーではうまく認識しなかった(元々あまり調子のよくないリーダーだし、それ以外の3個では問題なかったのでレアケースだろうが)。
105sdcr.jpg
幸い他のリーダー…100円ショップで買ったいかにも安っぽいカードリーダーでさえしっかり認識してくれたので事なきを得たが。

また、無線LAN機能が常時ついていると当然デジカメの電池も余計に食ってしまう。そこでこのFlashAirは二種類の無線LAN機能オンオフ動作を用意している。
一つは電源投入時に自動的にオンになり、一定時間(設定で変更可能)無線アクセスがないと自動的にオフになるモード。
そしてもう一つは、専用の画像ファイルの「読み取り専用」属性のオンオフを無線機能と連動させるという面白い構造だ。確かにこれなら大半のデジカメで操作が可能になる。


FlashAir本体側の設定は以上。むしろPC側の設定が問題だ。先ほど設定したSSIDを持った独自のワイヤレスネットワークを構成されるので、わざわざ別個の無線ネットワークとして接続する必要がある。
という訳で、肝心の写真庫PCには無線LANなんぞついてねえ!接続できねえぞおい!!

仕方ないのでとりあえず他のPCに刺さってたUSB無線LANアンテナもぎとってきました。今度適当なの買いなおそう。

これでインターネットは既存の有線アダプタ、無線はFlashAir用です。
これネットワークアダプタ1個の場合、FlashAirにアクセスしてる間はネットできなくなるよね!
120310_3.png
例として初期SSID使ってるけどちゃんと変えようね

ココまでくればデジカメにささった状態のFlashairに直接アクセスが可能という訳だ。デジカメに自動電源オフ機能が付いている場合は適宜時間を延ばすかいっそオフにしてしまったほうがいいだろう。
アダプタ側からFlashAirへ接続できたらhttp://flashair/へアクセス。ブラウザはIE9です。
120310_4.png
すげえ!画像がずらーっと!ブラウザで操作するレスポンスは案外早い。サムネイル表示はどうやらIEの機能らしく、Chromeだと表示されない。
ちなみにファイル形式は基本的になんでもいいらしい。何せブラウザでアクセスするWEBサーバーですから。後は写真をPCへ「ダウンロード」する。

…1枚目を「対象をファイルに保存」っと。

…2枚目を「対象をファイルに保存」っと。

…3枚目を「対象をファイルに保存」っと。

…4枚m…やってられっか!!!

そう、あくまでFlashAir側で出すのはこの一覧表示だけ。せめてそこは標準で一括ダウンロードボタンくらい用意しておいてくださいよ。

ちなみに3.5MBのJPGを「対象をファイルに保存」した場合ストップウォッチ計測で8秒前後(ただ事前にIEがキャッシュしていた可能性アリ)。普通にリンクを開くともう少し早いので速度に関しては、個人的に実用範囲。でも一枚づつ移動してたんじゃやってられましぇん。
PC側に専用ソフトはいらないが、現状は自分で使い方を工夫しろということか。

とにかく何らかの方法で一括保存する方法が無いか漁っているのだが、純粋なHTMLではないので独立して動くダウンロードソフト系はうまく動作しない。WEBサーバー動作時の一括保存機能を標準で付けてもらわないと、現状デジカメ用としては厳しいものがある。あと出来ればルーター経由でのアクセスモードがほしい所。

Eye-Fiの使い勝手については実際触ってないので断言できる立場にないが、ざっとネット上を見る限りでは専用ソフトウェアと完全に連動しているEye-Fiに対して「PCへ転送する手軽さ」という面では一歩譲っていそうな雰囲気だ。スマホやタブレットの連携など自由度はこちらのほうが高そうだが。

SDカードサイズで独立したWEBサーバーとして動く…WEBサーバー扱いなので無線環境を持った機器ならパソコンだろうがスマホだろうが問答無用で接続可能。ハードウェア的にはなかなか楽しそうなので、どこまでソフト面を進化させられるかにかかっているかと。


【一括保存応急措置】
120310_7.png
とりあえずFireFoxにアドオン「DownThemAll!」を組み合わせる事で、一括ダウンロード(保存)はできるようになった。分割ダウンロードとか意味ないので停止&JPGオンリー&上書き保存はしない等の特化設定をしてみた。

そもそもこの画像庫役のマシンはブラウザがIEメインだったので、FireFox自体をFlashAir専用(スタートページをFlashAir)にして見ることに。てか簡易でもいいからこんな感じのソフト1個でも付いてればラクだったのに…


【ファームウェアアップデートについて】
添付された用紙には最新のファームウェアにアップデートしてからお使い下さいとある。なんでも初期状態ではカメラ側でフォマットした場合に動作できなくなったり一部カメラで使えなかったりするらしい。
ココからダウンロード可能だ

しかし紛らわしい事に「FlashAir設定ソフトウェアダウンロード」とあるのに実際ダウンロードできるのはファームアップデート専用のプログラムだ。
ファームアップ自体はプログラムの指示に従うだけでいいのだが…一つ罠がある。当然アップデートすると、カード内部に入っているデータは消える。“本来の”設定ソフトは私が探した限りダウンロード先不明。万が一先にアップデートしてしまった場合消えてしまう(恐らくいずれダウンロード出来るようになるのだろうが…)。とにかく買ったら真っ先に本体に入っている設定ソフトインストーラ(FlashAir.exe)をどこかにバックアップする事。

そして更に罠があった。ファームウェアを説明どおりにアップデートすると私のRICOH CX3上で動作がおかしくなるのだ!
具体的にどうおかしくなるかというと、接続はできるのにブラウザから操作できなくなるorできてもすぐハングするというもの。この状態でもカードリーダーに挿した状態なら普通に動くのでCX3との相性だろう。

現在わかった対策は一つ。最初から入っている「FlashAir.exe」を使ってインストールされた制御ソフトでフォーマットしなおすのだ(UACオンの場合は管理者として実行しないとできないので注意)。
この状態が「ファームがアップされて制御部が初期に戻った状態」なのか「ファームも制御部も初期に戻った状態」なのかは不明だが、とりあえずこれでCX3での安定動作に戻る。

とにもかくにも現状は最初から入っている「FlashAir.exe」を確実にバックアップしておけとしか言いようが無い。

コメント (2)

通りすがり:

僕も、家庭内の無線ルーター等を経由してネットワーク内の一部機器として使用されるのだと思っていたけど……。
ただのWEBサーバーだったってオチ。

下小川:

いやー買う寸前に調べてて「まさか?」とは思っていましたがそのまさかでした。
てっきりサーバーはサーバーでもホームサーバー的な扱いだと思い込んでいたんですよね。

確かにスマホとかに直結して送るには都合がいいんですが、PCの場合はルーター経由の方がラクなんですよねえ。もちろん理想は両方のモード切り替えられる事なんですが。

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2012年03月10日 15:44に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「放置プレイに平穏のあらんことをベイベー

次記事:「自作PCのスペックと写真を並べただけ

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36