トップページ航海日誌窓辺ななみ&ナノ&ピコ オリジナルフィギュアセット

« “瞳に満ちる光”ティアレインボー!! | ブログトップ | かっぱーまいん »

窓辺ななみ&ナノ&ピコ オリジナルフィギュアセット

──世の中「本当に存在しているのか?」と疑問符を投げかけたくなるものがある。これもそんなモノの一つといっていいだろう。何せ私が箱を開けるまでいくら探しても写真の1枚もネットに無かったのだから。
111021_4.jpg
「DSP版Windows 7 de 次世代デジタル体験キャンペーン」の景品として作られた「窓辺ななみ」「ナノ」「ピコ」のフィギュア3体セット。
キャンペーン当時興味はあったのだが、元来の運の悪さから当選は期待できない上に、そのタイミングでWindows7は間に合っていたのでスルーしていた。どうせいつか写真くらい出てくるだろうと。

その後せめて写真くらい見たいなーと思っていたのだが、一向に公開される気配が無かった。フィギュアというのは完成までに時間がかかるので、公式からの画像は無いだろうと踏んでた。つまり当選者からの写真を待つしかないのだが…出てこない。

まさか当選したけどそっと箱に戻したくなる出来だったのだろうか?最近は少なくなったが8000円以上するものでも何ともいえない出来のフィギュアというのは多々あった。

ましてや何かのノベルティや初回特典として作られるフィギュアというのは、コスト・期間が限られ更に条件はシビアになる。かつての“邪神”をはじめ、そういう意味で有名なフイギュアというのは「特典」「ノベルティ」である事が多い。
自作PCユーザーならATIのRubyフィギュアを覚えているかもしれない。あれはあれでちょっと欲しかったのだが…


しかしとうとう入手機会が出てきてしまった。当然個人売買である。しかも相変わらず実物の写真は無く公式サイトの告知イラストしか貼られていない。「未開封」だからネットに写真が無い以上画像を用意しようがないのだろう。

…これは賭けだ。どんなものが届くか判らない賭けだ。しかし既に私はPentiumIIIのために14000円のWin7を買った身だ。
財布が軽い…こんなヤケな気持ちでネット決済なんて初めて…もう何も恐くない──!


という流れで入手した3体セット。台座にあるXX/25の数字と、当時のキャンペーンの記憶(うろ覚え)を考えれば5+10+10の25名に当選したものの一つと思われる。


111021_6.jpg
まずはナノ&ピコ
全高は台座含まずでナノ147mm&ピコ145mm程度。ピコのほうは頭のチュッパチャップス込みなので、実際の身長イメージはピコのが一回り低い。
いわゆるガシャポンフィギュアと1/8フィギュアの中間といったところ。手持ちのフィギュアの中ではソリッドシアターの1/10フィギュア「デモンベイン エルザ」が一番近かった。
111021_3.jpg
服のデザインはどちらもイラストに忠実(但し元のイラスト自体がたまにデザイン変わっているが)。また、ピコの健康的なウエスト~ヒップラインには製作者のこだわりが感じられる気がします。
111021_2.jpg
ナノのほうはよりスレンダーでぺったんこ(オイ)。ハラペコキャラなのにグルメツアーさせてもらえないせいでしょうか。髪の分け目が右側によっているのだが、大半のイラストでは分け目が左側。実はZigmagaVol.1表紙絵は分け目がフィギュアと同じ右側。おそらく元にしたイラストの関係でこうなったのだろう。

2人(ちょっとレトロな)SFチック雰囲気を狙ったのか塗装にはメタリックブルー&パールホワイトを使っていてハイライトがいい感じ。

ただ元々ナノ・ピコのイラストは立体化が難しい絵柄なので特に表情関しては苦労の跡が伺えます。イラストに沿って下唇のラインを造形してあるために、光の当たり方によってはなんか生意気な顔になってしまうのが惜しい。

頭のバケツ…じゃなかった帽子、そしてチュッパryのせいで重心がトップヘビー&後ろよりなので、どちらもそのままでの自立は不可能。
台座も固定穴などない「展示台」なので別途固定方法を考える必要がある、

さてぱんつは…
111021_8.jpg
ねええええええええええええええええ

111021_5.jpg
さて個人的にメインディッシュな窓辺ななみ。ガレージキットやワンオフ品、改造品等で立体化はされているが、自分で入手した立体ななみさんはこれがはじめて。

セットといえど元のデザインやイラストの方向性がナノピコとは全く異なるななみさん。原型も元々セットであることを考慮していなかったのか、はたまた別の原型師さんが作ったのか、一回り小さくなっています。全高は130mmといったところで並べて飾るとピコよりも明らかに小さい身長です。
111021_9.jpg
他意はない身長比べ。ナノとのスケール差考えると案外ななみさんスタイルいいですね。

111021_1.jpg
元々複雑なカラーを持つ窓辺ななみの服をしっかり再現しており、髪留めの塗りわけや、スカートのチェック柄&カラフルな裾などデザインの再現度ははっきり言って予想以上の出来のよさ。設定画でしか見た事無かった後ろのボタンまできちんと再現。

胸元とソックスのリボンは別パーツで作ってあり、リボンの細いストライプも抜かりない。メインのブルーはマットな塗装をしてあり、一方靴やソックス、小物類などはメタリック塗装と使い分けがしてある。
眉毛の位置が上よりで前髪に隠れてしまい少々とぼけた雰囲気もあるが、窓辺ななみ独特のアイカラーもうまく再現している。

マクロドアップ撮影のおかげで少々塗装に荒さが見えるが、フィギュア自体の身長が13cm程度なので実際見ると全然気にならない。
ぶっちゃけ上記の入手経緯と「ノベルティ」である点から出来は期待していなかったのだが、私自身の窓辺ななみ&ナノピコ脳内補正もあり、入手して本当によかったと思えr…111021_7.jpg
パンツねえええええええええええええ

コメント (4)

まるぴん:

フッ、そのカバーをはずす勇者だけが(ry

下小川:

カバーが硬すぎて歯がたちません!

ヴォルケンクラッツァー君:

早く、カバーを外してこい!

戦艦穹烈46cm85囗径砲4連装第一砲搭砲雷長河野トニー:

パンツ見せてくれー!

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2011年10月21日 22:12に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「“瞳に満ちる光”ティアレインボー!!

次記事:「かっぱーまいん

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36