トップページ航海日誌光りそうで光らない

« セシリアさん誕生日 | ブログトップ | 携帯買い替え »

光りそうで光らない

私の変態Parheliaマシンはアクリルサイドパネルを持っており、ファンは殆どが光るタイプ。
しかしCPUクーラーに使っているASUS_Triton77に付属のファンは光らない。まあ内側に位置するので光ってもあまり意味が無いというのと、PWM制御の9cmで光るファンというと選択肢が少なく、決して安くないというのがその理由だった。

しかしなんかいろいろ交換しているうちに、他のファンが全部光るものになってしまったので、ここまでくると光らせたいのが変態というもの。現在容易に入手できるPWMの9cmファンで光るものはENERMAX製とScythe製くらい。前者がホワイトで後者がブルー。

110623_0.jpg
ここは他のファンとの兼ね合いもありENERMAXのCLUSTER 9cm UCCL9を購入。LEDも白いが本体も白い。

110623_1.jpg
しっかりがっつり眩く光る。
クーラーに取り付けた後はファン自体が横からしかみえないのでサイドのロゴがカッコイイというのも理由だったり。

Triton77はヒートシンクの裏側にファンを配置して、マザーに対して反対方向に風を送る珍しいタイプ。しかし以前試しにファンの向きを逆(マザーに吹き付ける方向)にしたらチップセットの温度が大きく下がり、CPUの温度は微増にとどまったので今回もその逆方向を維持してみる。おそらく発熱の少ないデュアルコアCPUなのが功を奏しているのだろう。

110623_2.jpg
何よりサイドのロゴの向きがASUSとENERMAXそろうっていう。
ご覧のとおりこの形状の為、マザーボードからクーラー自体を取り外さないとファン交換ができない。まあバックプレートを使用しないので取り外し自体は大した作業ではないが。
ファンマウンタとファンはプッシュピンくっつけるが、マウンタ自体はがっちりネジ止めされている。

くっつけると若干ASUS純正より音が静かになった。回転数も落ちているようだ。元々冷却性能に余裕があったので少々回転数が落ちるくらいではCPU温度に殆ど変化は無く問題ない。


何より光る!イヤッホー
110623_4.jpg
…って周囲が光まくってるせいでCPUクーラーどこだかわからねえ!
予想はしてたけど!


さて、2日後見たらちょっと暗い。LEDが1個消灯しているような…。ファンを外すにはまたクーラーを外さねばならないので時間がかかるのだが悔しいので外して確認してみる。
外部に4pin電源を出せるPCでファンを回してみるとどう見ても1個ついてない。

ファン中央の基盤裏側からでている銅線がファンの振動や風で外れかかっているようだ。案の定ちょっと触っただけで完全に外れてしまった。
どんだけ弱い固定なんだ…購入2日目だし初期不良として交換してもらえばいいのだけど一旦ASUSのファンに戻してクーラーを固定した後、戻ってきたENERMAXにもう一度交換しなければなならず手間がかかる。ハズレた銅線を半田付けしたほうが速い。

110623_5.jpg
裏側につけるのは無理なので表側にもっさり乱暴にくっつけた。幸いファンとの隙間はあるので大丈夫。

110623_3.jpg
やったー光るよー!光るためだけに何必死になってんだ私ー!

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2011年06月23日 09:25に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「セシリアさん誕生日

次記事:「携帯買い替え

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36