トップページ航海日誌低電圧なメモリを買ってみた

« キャークラウディアサーン | ブログトップ | ベイ3段ぶち抜きアクリルケース »

低電圧なメモリを買ってみた

調子こいてXeonE3 1260L様&ASRock Z68 Pro3-Mを導入してしまったわけですが、実はこいつらを動かす為にDDR3_1333メモリ4GB*2(Patriot PSD38G1333KH)を不幸袋マザーPCから移植していたのであちらが動かない。

とりあえず来月まで家で預かる予定だったDDR3メモリ搭載のPCがあったのでそれからメモリを拝借してバックアップ等に使っていたのだが…急遽そのPCを引き渡すことに。メモリかわねばー

コストを考えれば2GBの2枚セットでも買って、それをサブPCにつければいい話。サブなんだから容量はその程度で十分だ。そもそもXPだ。

しかしZ68マザーだし、DDR3 1600メモリとか試してみたいのもまた事実。電圧も一般的な1.5Vに収まる物も増えているし…なんだこの1.25Vの1600メモリ
G.skill社製のF3-12800CL9D-8GBSR2。ヒートスプレッダいらねえだろって言いたくなるような電圧だな。

メモリの場合低電圧といっても元々の消費電力が少ないため、PC全体の数値から見ると微々たる差しかでない。1年半以上前の記事だけど、ASCIIにこんな記事もある

先日上記のPatriot PSD38G1333KH(以下Patriot)メモリの電圧下げて遊んでたのだけど、定格は当然1.5V。1.35Vくらいでも通常用途には支障なく動作。ちなみに1.3にしたら起動はしたが途中で固まった(ムチャシヤガッテ
1.35Vに下げたところ、アイドル時は1~2W、Prime95時は4Wくらい下がっていた。特にアイドル時は少ない値なので誤差のようにも見えるが、触れ幅全体がシフトしているので確かに下がっているっぽい。まあ安定性を考えて現在は定格1.5Vに戻している。

110617_1.jpg
という訳で省電力化の効果は微量であることは判っていながらついつい購入。1333→1600の性能アップも兼ねているので自分に言い訳できるが、それはそれでベンチマークくらいしか差が出ない気がしてならない。

110617_2.jpg
この低電圧メモリのウリっていうのはどちらかといえば、「高クロック動作だけど電圧が低いので発熱が少なく長時間のゲームも安心ですよ」という意味合いが強そう。
迫力あるヒートスプレッダやパッケージデザインからも「エコロジー」というより「ゲーム向け」のコンセプトがにじみ出てる。
110617_3.jpg
銃を模したデザインにスナイパーの名前とか周囲のパーツぶち抜きそうっすよ。

結局のところ「高クロックで動作するモジュールを選別したメモリ」と同じように「低電圧で動作するモジュールを選別したメモリ」なのだから値段もいい勝負。上記のPATRIOTが6300円で買えるご時勢に9000円もするこれでも発売時は1万オーバーだったので下がった)。
ちなみにメモリには2011 JUNの文字が。これ注文したの6月13日で届いたのが14日。出来立てほやほやじゃないっすか。ブログにするのが遅いのは毎度の事だが。


さて、この手のメモリというのはマザーのBIOS(UEFIだっての)との兼ね合いもあって、うまく設定できなかったりするのだが、一応ASRockサイトにはF3-12800CL9D-8GBSR2、G.SkillサイトにはZ68 Pro3-Mとそれぞれ動作確認の型番が載っているので大丈夫だろう。
但しCPUが動作保障外のXeon E3だけどな!!

110617_4.jpg
見てのとおり今までつけていたPATRIOTより高さがあるのでCPUクーラーとの干渉が心配。とにもかくにもCPUクーラーのNINJYA3がでかすぎる。とりあえずファンをはずして押し込んでみた。

110617_5.jpg
この写真ではCPUクーラーから遠い2番4番スロットを使用したのだが、これだと2番スロットのメモリがファンクリップにぶつかてしまった。
結局この後クーラーに近い1番3番に付け替えるハメに。完全にクーラー下にメモリがもぐりこんでいるので取り外しはクーラーを外さなければならない。しかもこのクーラーはマザーを外さないといけないから…考えないで置こう。

それにしてもいざ基盤にくっつくと余計兵器っぷりが増すな。
110617_6.jpg
ドゴォ

さて電源を入れたらBIOS(UEFry)が出たのでとりあえずは安心。しかし設定を確認すると前のメモリの設定が残っているのか1333駆動。中途半端に残られるのも面倒なのでBIOS設定リセットをかける。

110617_7.jpg
このセシリアさんっぽいカッコイイ解説書ではマニュアル設定を推奨しているので各種項目を指定の項目に。確かコレ同じocmemory社が扱ってるメモリのパッケージに使われてるキャラだったと思ったが、こんなところにもいらっしゃったのね。あれのポスター欲しかったけど当のメモリはトリプルチャンネル用セットなので縁が無かった。
今回のマニュアルは予想外のゲットなので結構嬉しい。

せっせと設定を終えると無事OSも起動。1.247Vの設定で確かに動いていらっしゃる。当然PC1600動作なのでエクスペリエンスインデックスのメモリ評価も7.6から7.8に上昇。一番メモリ項目が高くなったぞ。
ちなみにクリスタルマーク2004R3のメモリ項目は44700→52000に増加。すげー。

早速ワットモニターを接続しシステム全体の消費電力を計測。
ちなみに電源はAYAKAZE300、E3 1260LとZ68 pro3-MにHD5750がささっている。

アイドル時は定格PATRIOTより3W減の48W、Prime95時は7W減少の83Wといったところ。こうしてみると案外大きな差が出ているように見えるのだが、実はPATRIOTが1.35Vで動いていた時をと比べるとPrime時で2Wの差しかない。
ただメーカー側で低電圧動作を想定してくれている安心感はかなり大きいし、1333から1600に速度アップしているのだからよし。

さてここまできて問題が。スリープ(S3)からの復帰に失敗するのだ。メモリ交換前は問題なく使えていたのだからメモリが原因な気がするが、メモリチェック等ではまったく問題ない。復帰の際電源ボタンを押すと一瞬電源が点き、その後もう一度電源が入りなおしてファン類は回るが画面出力が無いという感じ。
再起動の時も以前は電源が入ったまま再起動後のUEFI画面に行くはずが、一旦完全に電源を落としてから再起動されている。

いろいろUEFIを弄繰り回したところ、どうやらメモリをPC1600動作させた時に電圧が1.3V未満の設定だとこの現象が起きるらしい。
PC1333動作だと1.2Vまで下げてもスリープや再起動時の挙動変化がない。むしろPC1333なら1.2Vで動作するのかよすげえ。徹底的に低消費電力狙うならこの設定もありか。

しかしせっかく1600メモリ買ったんだし1600で使いたいところ。選択肢としてはスリープ機能を安全のためBIOS上で停止した上で1.25V PC1600動作を続けるか、電圧を1.3Vまで上げてPC1600動作&スリープを使うか。
結構席を外すときとかにスリープにはお世話になっているし、1.25Vと1.3Vの間にはPrime時でさえ1W程度しか差があるように見えない。結局このメモリの規定電圧とは異なってしまうが1.3V動作にすることに。

しかしこのスリープ復帰不可の現象、ほかのASRockマザーでCPUをオーバークロックした再に起きるという現象に原因はともかく症状だけは酷似している。更に1.3Vで起動した後OS上のBIOSユーティリティを使って1.25V動作にするとスリープ後復帰が可能になる(一度再起動すると1.25Vでの起動になるのでもうダメだが)。

何処となくZ68 pro3-MのBIOS(UEFI)の動作が影響している感があるが…

110617.jpg

…サーセン

何せXeonE3-1260Lという動作保障外のCPUな上に特殊な低電圧メモリの使用。普通に起動するだけでも感謝せねば。BIOSの更新が出てきてそれでうまく1.25V動作するようになったらいいなぁ~

しかし、変態なParheliaマシンをカバーするための無難なゲーム用マシンだった筈なのに、XeonE3-1260L、Z68 M-ATXマザー、ファンレスHD5750、低電圧メモリと十分変態化してきてしまった…。

【追記】
BIOS1.40へのアップデートでスリープ復帰不能症状ほぼ解消しました。
詳細はこちらで。

コメント (4)

まるぴん:

飾っておきたくなるようなカコェェメモリですね!Skillたんが火を噴くZE!

下小川:

惜しむべきはこのメモリを付けたケースが完全密閉型でどうあがいても外からメモリが見えない事だな!

咲と詩:

 この情報、とても役に立ちました(電源同じですし)。 多少高いけど、買ってしまいそうです・・・。 1W程度なら安いメモリにしてましたが、3W~7Wも違うんじゃ我慢出来ません(笑)。 

下小川:

ありがとうございます。
実はこの後別のメモリ(G.Skill製)とも比較してみたんですが、差は縮まって2W~6Wになっていました。

どうも当時(この本文)で比較したPatriotの個体が消費電力の大きいものだった可能性がありますので、今刺さっているメモリ次第でもしかしたらもっと少ない差になってしまうかもしれません。


1600の1.25V設定はシビアな傾向があってマザーによっては1.26程度に上げないと安定しないようです(ASUS P8Z68-V PRO/GEN3は自動で1.26Vになりました)

低消費チャレンジにはなかなかいいメモリなんですが、価格差を埋める満足感が得られるかは人次第かもしれませんw

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2011年06月17日 02:44に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「キャークラウディアサーン

次記事:「ベイ3段ぶち抜きアクリルケース

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36