トップページ航海日誌 E3-1260L

« そんなケースで | ブログトップ | ずぽぉ2号 »

E3-1260L

【先に追記】
E3-1260Lの検索でヒットする方が多いので先に書いておくと、まさに買った当初の「E8400」との置き換えたうわー1260Lすげーまじすげー的な内容になります。

この2ヶ月後にZigsowで同じくTDP45WのCore i5 2500Tをレビューさせていただく機会がありましたので、リンク先後半にてE3 1260Lとの比較を行っています。より実戦的(?)な性能比較が必要な方はこちらをご覧くださいませ。
【追記おわり】


PC売却&玉突きでもはや部品の捻出先がない。
だからといってわざわざ古いパーツを買いたす気もしない。
ならゲーム用PCを更新してそのパーツを玉突きすればいいじゃないか←結論

というわけで密かにメインのゲーム用PC更新を狙ってはいたのだが、現状で満足しているのも事実。しかも不幸袋マザーほかのおかげで部品不足はある程度解消されていた。
解消されていたとはいえ、実は前の記事の親用PCにはメインPCのメモリを移植してたりする。なんてこったい。
いや部品は大量にあるけど実用性のある部品や安定性のある部品となるとね!HAHAHA


現状ゲーム用PCはCore2Duo+P45+HD5750。動作電圧を下げて主に高負荷時の消費電力を抑えているがアイドル時の消費電力は純粋に省電力化技術が進んだ最新CPUに敵わない。
性能的には現状で満足しているのだが、今となっては割高なDDR2メモリなためメモリ増設がしにくいのが問題といえば問題だが…

まあ我が家では無難な構成。まあM-ATXのP45マザー(ASUS MAXIMUS II GENE)って時点で変態だし、補助電源無しのHD5750も変態だし、電源が300Wというオチビさんなのも変態だが。

655Kを定格動作させた時の消費電力効率には驚いたので、それより更に1世代進んだsandybridgeとかステキそうじゃないか。というわけで省電力版SandyBridgeが欲しくなった。
i5-2500T(TDP45W)とかi7-2600S(TDP65W)とかあるが…ん、何このXeon E3 1260L。
TDP45Wでi7と同じクアッド&HT?ステキじゃないか。以前i7 860触った時にあの8つグラフが並ぶタスクマネージャに憧れてたんだ!
クロックは控えめだがi5並のTDPで8スレッドとかすげえステキ。しかも都合よくツクモ電気のツイッターに入荷報告。

どうせ2500Tも2600Sも今の所バルクしか流通してないし、値段も2600Sと殆ど差ががないじゃないか。

イヤッホーーー

バルクなので単品での販売は無くバンドルOSの如く何かとセットにしなくてはならない。Xeonなので清く正しく動かすにはソレ用のチップを積んだマザーが必要だが…6X系チップで動くとか動かないとか。正式対応じゃないけど動くなんてステキ。マジステキ。そもそも私のPCはM-ATXなんで6X系しかねえよ。

というわけでAsRockのZ68 Pro3-Mをセットで購入。店員さんに「動くか動かないかは別としてこれとセット販売OKですよね?」とか確認した変態。Proなんてそれっぽい名前がついているが13800円とZ68の中ではかなりお手ごろ。CPUとセットなんで1000円引き。CPUとあわせてほぼ4万円。
一応自分で買ったCPUでは過去最高額だが、E8400買った頃って25000円くらいしてたから実は購入価格いい勝負じゃねえか。時代進んだな!その昔メインとして使っていたPentium4 3.2Eも2万5000円くらいだったなー。


さてお持ち帰りして早速開封。
110602_0.jpg
これがAsRock Z68 Pro3-M。付属品はAsRockらしくシンプル。右端にあるちっこいのが…

110602_9.jpg
Xeon E3 1260L。型番わかりにくいよ。店員さんに確認で見せてもらったが、手書きの「1260L」の文字がないと私にはわけがわからないよ!


さっそく組み込み…といいたいが、ほぼ同型のマザーでの動作報告があるし、変態(褒め言葉)のAsRockさんのサイトには対応CPUの欄にXeon E3 1220があるし、たぶん動くだろうけどあくまで正式非対応。既存のCore2Duo環境をメインPCからほじくり返す前に動作確認するに越した事はない。

110602_3.jpg
LGA1155クーラーは本来メインPCから外さないと無いのだが、変態(褒ry)AsRock先生のマザーはちょっとナナメにLGA775用クーラーの穴がある。ありがたくその辺にオブジェとしておいてあった鎌クロスとシリコンシートで動作確認。
メモリは不幸袋マザーの為に買ったPATRIOTのDDR3-1333 4GBx2枚組。不幸袋の方はXPなので1GB*2でも挿しておく。

110602_5.jpg
BIOS画面きました!って何このオシャレBIOS画面。あの殺風景な青地や黒地画面どうしちゃったのよ!!マウスカーソルまであるじゃねえか!!

110602_4.jpg
なんかもうXeonE3-1260Lが無事動いたことよりこのBIOS画面にカルチャーショックです。ちなみにBIOSのバージョンは1.00。つまり初期版だがOKと。


無事動きそうなので、2年間働いたE8400一式をケースから取り出して、クーラーを移植してケースに組み込む。相変わらず忍3クーラーがでかすぎて殆ど隠れてるじゃねえか。MAXIMUS II GENEと比べて今回のZ68 Pro3-MはCPUの位置がだいぶ下に下がり、電源側にスペースができたがグラフィックボードAX5750 1GBD5-NS3DHがかなりギリギリの位置に。

110602_6.jpg
以前はグラボ側から忍3に12cmファンをつけていたがどう考えても無理なのでケース前面側にファンを搭載。幸い忍3に当たった風がうまいことAX5750方向にも流れるのでなんとかなるだろう。

OS(Win7 ult64bit)はめんどくさいので再インストールせずそのままの起動を試みる。
あっさり起動。ライセンス認証を再度行い、古いドライバ類を抜き、新しいドライバ類を突っ込む。ハイあっさり入れ替え完了。拍子抜けするほどに問題が無い。一応BIOSを1.20に更新してみたがやはり問題は無い。

110602_7.png
OS上でもしっかりXeon。ちなみにエクスペリエンスインデックスのプロセッサ項目はE8400の6.6から7.4に。元々E8400がわりといいスコアだしてたので極端な増加は無いようだ。まあHDDが5.9で足ひっぱってるのはお決まりだが。たぶん今回の4万をSSDにつぎ込んだほうが体感速度は間違いなく上昇したであろう。


組み換えと雨で疲れたのであまり触っていないのだが、ワットモニター読みの消費電力は明らかにCore2DuoE8400より低い。

電源はAYAKAZE300、グラボはAX5750 1GBD5-NS3DHと以前と変化がないので影響するのはマザーとメモリとCPU。メモリがE8400時の1GB*4から4GB*2になってるのでそういう面でも有利なのだが、それにしてもスゴイ。

例えばアイドル時の消費電力は特に設定をいじらなかったE8400が77W(電圧下げたりした場合でも影響するのは主に負荷時でアイドル時は大差なかった)。
たいして今回のE3-1260Lは52W。なんだよこれ。お前クアッドだろ。8スレッドだろ。

クリスタルマーク2004のFPU測定時もE8400では111W、電圧を下げた場合も90WくらいだったのにE3-1260Lは84W。まあクリスタルマーク2004は4スレッドまでのベンチなんで全力では無いのだが、それにしてもなんなんだよお前は。

試しにFF14ベンチをぶん回すと110Wを越えたがそれでも電圧を下げたE8400とどっこいどっこい。電圧オートのE8400よりは明らかに少ない。なんなんだry
ちなみにスコアはLOWで3900。4000まで後一歩。まあE8400の時も3300くらい出てたので、基本的にはGPU依存が大きいのだろう。

とにかく300WのAYAKAZEさんでも安心の消費電力です。おそるべし。
まあ数時間も使ってないんで実際の使用感とかはまた今度書くかもね。
110602_8.png

コメント (4)

まるぴん:

フェニックスバイオスガナスカシス!(T。T)

下小川:

私は最初に触ったのがAWARDのBIOSだったのでそちらのイメージが強いですのう。
見た目は今までのままで中身はUEFIってのもあるらしい。

しろしろ:

OS入れてのテストのみですか?

画像、動画編集など普通のソフトを入れてのレビューがあれば教えてください。

下小川:

この後はメインの常用PCとして1ヶ月使っているのですが、特に大きな問題は起きていません(メモリの設定がうまくいかず不安定になるときがありましたが、これは1260Lというよりマザーとメモリの問題のようです)。

この日記にあるとおり、性能的には既に旧世代になってしまったCore2Duoからの変更なので、何かと速い!としか言えないんです。
例えばフォトショップ(マルチスレッド対応)フィルタだと画像加工用マシンのE7600が40秒程かかるフィルタ処理が、E3-1260Lだと18秒弱ですみます。
そのほか通常の使用感でかすかにひっかかりを感じていたような動作が非常にスムーズになっていました。

これは他のサンディブリッジ(i7 2600等)でも言える事でしょうし、むしろ実クロックに関しては同じ8スレッドのi7 2600どころか、4スレッドのi5 2500よりも低くなりますので、マルチスレッドアプリケーションでは性能を発揮しますが、実クロックが要求される場面ではTBが効いても3.3GHz程度なので、不利でしょう。


消費電力は通常の使用だと負荷がかかっても70W代に収まる場面が大半で、Core2Duo時代にたいして10~20W低い値常にたたき出しています。アイドル時ももちろん低いですが、特に負荷時の消費電力効率という点では非常に優秀なCPUだと思っています。


テストも早々に実用PCとして使い出してしまったので、あまり大した内容でなく申し訳ありませんが、ご参考になれば幸いです。

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2011年06月03日 00:56に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「そんなケースで

次記事:「ずぽぉ2号

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36