トップページ航海日誌N470ネットブックゲット

« IRC-307-MX-SGA | ブログトップ | ネットブックカバー »

N470ネットブックゲット

去年の夏に長年使ったWindows2000搭載VAIOノート PCV-FX11/BP(セレロン600Mhz)を引退させて、XP搭載のLavie LL750/GD(ぶっこわれ引き取り修理)をノートとして使いだした訳ですが…このLL750/GD、とにかく重い。

いや、動作が重いんじゃない。Core2DuoT7200に乗せ変えたせいでむしろ我が家の中ではハイスペックな部類です。HDD2台つめるのを利用して底面からSATAを出せるように小改造し、出先でHDDの高速バックアップを行えるという変な機能までつきました。


問題はその物理的重さ。なんと4kg越え。ACアダプタや一部周辺機器、そしてカバン自体を含めると5kg程になる。
いざ設置してしまえばこれほど心強いノートは無いのだが、自家用車ではなく電車と自転車による移動しかしない私が頻繁に持ち歩くにはキツイものがある。

故障品とはいえタダで貰ったモノに文句を付けるわけではない。用途が間違っているんだ。やはり機械は適材適所、頻繁に持ち歩く場面が増えてきたので当初の予定通り小型軽量なノートをLavie入手以降も漁っていた。

軽量なノートというとやはりATOM系ネットブック。性能には割り切りが必要だけどお手ごろ価格。最近名前が出るようになったCULVという選択肢もあるのだけど、今回はCore2Duoを搭載したLavieとの住み分けができるので、そこまでの性能は不要。というか予算がない。もしLavieが無かったらCULVにしていただろうけど。

電気店に行く度にネットブックをつつく日々。いっそ中古品というのも考えたのだけどどうせなら第二世代ATOM(N470orN550)が欲しいし、最近はXPより7に慣れてしまっているので新品を狙う。実際触るとWindows7でも案外サクサク動いている。でもスターターエディションは壁紙変えられないから簡便な!

さて色々つついたが、OSがスターターじゃなければぶっちゃけどれでも変わりはなさそう。CPUはできればN550のがいいがN470でも今回の用途には結構どうにかなるだろう。
つまりメーカーや見た目・価格で決めちまえと。

110119_1.jpg

というわけでシンプルなN470モデルをご用意致しました。液晶カバー外す前だが問題ない。
ユニットコム扱いでClevoM1100のOEMモデルらしい。自作やもらい物PCばかり使っていたので実は自分用に完成品PCを買うのはこれがはじめてだったりする。(VAIOは親が購入したものだった)

CPUは前述の通りシングルコアHT 1.83GhzのATOM N470、メモリはDDR2 2GBが1枚、HDDは500GBの大容量。ぶっちゃけそんなに容量いらんので近いうちにSSD化して500GBはLavieに回そうかと。
本体には無線LANとWEBカメラが内蔵、USBは3ポート、D-Sub外部モニタ出力とカードリーダーも装備。まあネットブックの定番パターン。
液晶は1024*600の10.1インチワイド。OEM元の英語マニュアル見る限りLEDバックライトらしいぞ。さすがに重量は軽く0.97kg。4台持ってもまだLavie LL750/Gより軽い。

外装もシンプルで癖の無いフラットな形状です。

110119_2.jpg
何故かイラスト入ってるように見えますが気のせいでしょう。ちなみにOSはスターターどころか何故かUltimate(32bit)が入ってるんですけど。


110119_3.jpg
付属品はACアダプタ・OSディスク・ドライバディスク・マニュアルディスク・各種解説書と画面拭きなど。ちなみに何故かデスクトップテーマとかHDDに入ってるんですがそれは別途バックアップしないと再インストールした時消えてしまうらしい。早速MOにつっこんどいた。
今更だけど型番はLESANCE VN-ななみN1(青)。パソコン工房さん代引きで注文したら翌日届いた。やりおる。


110119_4.jpg
さてPCの実際の使用感をざっと。何故かななみテーマに加えて壁紙いっぱい&CM動画がついてくるからななみファン歓喜。但し上に書いたように要バックアップ。

とかいいながら上の写真の壁紙はお手製。お気に入りの某シエルさん壁紙丸パクリである。いや個人的にカラフルな壁紙落ち着かないもんで。

OS起動時間はこちらである程度ソフトを弄った状態で、ボタンを押した瞬間から1分30秒程度。さっきから名前でまくりのLavieがXPで1分40秒程なのでちょっと起動が早い。但しプレインストールのノートン先生2010をオンにしたら結局同じくらいになってしまった。90日過ぎたら使えなくなるのでその後は軽量なセキュリティソフトに入れ替えてみよう。ちょうど不況袋からNOD32が出てきてるし。


実際の使用感は覚悟していたほど遅くは無い。
むしろCPU換装前のLavieに搭載していたセレロン430(CoreSoloの廉価)に比べるとHTの恩恵か体感のストレスが少ない。
N470でこれならN550なら案外色々できるんじゃないかな?まあCULV買ったほうがよさそうだけど、割り切って使うなら大丈夫。複数のソフトからCPUに同時負荷がかからないようにしてやればかなりいい感じ。なんとなく低性能の600MHzセレをいかにスムーズに使うか工夫していた頃を思い出してちょっと懐かしい気分。

グラフィックチップも旧ATOMと異なりG31に近いG3150になっており、そのおかげかエアロデスクトップも普通に動かせる。ムリをすればパンヤも遊べた。対戦はもちろん少人数ならチャットルームも大丈夫…あくまで大丈夫レベルだし、何より液晶の縦解像度が600しかないので全画面でハードウェア側の縮小入らないとはみでるんだが。

まあ突っ込みどころ満載な気がするがとりあえず今日のところはこの辺で。一緒に買ったカバーとかはまた後日書こう。

ちなみにこのネットブック、WindowsUlt搭載と天板のせいか65000円というヘタなCULVに迫る価格だったりする。同等のネットブックが4万台で買えるのにね!

110119_5.jpg

いいんだよ本人が納得してりゃ!!

コメント (2)

 ウチが昨年買った新PCは13.3インチ(1366×768)で、起動はeBoostr(ペーパーマンのDXキットに付いていたソフトで、バージョンアップに別に少し費用が掛かります^_^;)に4GBのUSBメモリを3個付けて起動したら1分掛からずに起動しました(^_^;)

 それにしても…痛PC自重ww

下小川:

Vistaで13インチということはネットブックより一つ上位なモバイルPCですね。
こちらはもう軽い代わりに性能最小限なんで…ReadyBoost用にUSBメモリ挿したいけど持ち歩く時に邪魔になるので躊躇ってます。

痛いのは自重できなかったが結局カバーつけて自重。

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2011年01月19日 23:55に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「IRC-307-MX-SGA

次記事:「ネットブックカバー

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36