トップページ航海日誌GT5カオス阿蘇山

« お前の飾り棚はおかしい | ブログトップ | IRC-307-MX-SGA »

GT5カオス阿蘇山

とりあえずこんなネタを…

グランツーリスモ5のカオスな動画。
以前Twitpicに上げたコレも動画と同じコースで撮ったやつです。ちなみに今のデスクトップ壁紙。

要はエディットコースの阿蘇を作るととんでもねえ事になることがあるっていう動画なんですが、既に同様のネタ動画が結構あるので今更感バリバリですね。この現象発見したのは12月の頭だったんでその頃速攻で録画投稿してりゃもう少し新鮮なネタだったんですが。

前だったらもう少し画質いいZOOME使えたんだけどねえ。YOUTUBEって手もあるんだけどどっちにしろもうエンコードする気力がない。

どんな風にカオスなのかは動画見てもらえば判るんですが、高低差とカーブの組み合わせが鬼畜になってぶっとんだりひっくりかえったりします。


阿蘇のエディットコースで高低差が大きい楕円形のコースだと大抵この系統になるようです。セクション数は5と4で生成確認。セクション数を多くしたときこのパターンが出るかは不明。

具体的な作り方は、最初のランダム生成を何度か繰り返し、時計でいう9時の辺りがスタート地点で、高低差の数値が大きい(100m前後)のコースが出てきたらこの系統。
試運転をしてみて、スタート直後第一コーナーに向かって大きく下り、その後上り坂が続くコースがそれです。文字通りスクリーンショット(デジカメ使用)撮ったので参考にどうぞ。

110115.jpg
※クリックで拡大

このタイプが出たら、もうほぼ完成したようなもの。カーブを多くするとスピードが上げられないので、全体的に複雑さの数値を低めにしましょう。道幅はお好みで。

1回目に作ったコースがたまたまこのカオスになり、その後もう一度同じように作ったらほぼ同等のカオスコースができたので上記の方法でたぶんできるハズ。

【追記】アップデートでコースエディタが若干更新されてるようなので現在のバージョンで同等のモノが作れるかは未確認です。【追記終了】

んで今回は「CPUが事故る」事を最優先してコースを調整してみた訳で。
セクション数が少ないほぼ楕円のコースでカーブは全体的に緩く少なく。緩くすることでCPU車の速度が上がるのと、カーブ部分が長くなり、バンピーな部分と重なりやすくなります。
跳ね上がるとあの安全運転のCPUでもお手上げ。前の車がスピンするとそれを避けようとするので更なるカオス化に。

前半の道幅は広くして車を加速しやすくさせ、後半のスピンポイントとジャンプポイントになる部分は逆に道幅を狭くして事故を誘発させる酷さ。特にストレート前のジャンプは着地に失敗するとそのままピットインする事さえある鬼畜設定です。

動画ではシャパラル2Jやルマンカー級のパワーウェイトレシオが1kg/PSクラスを使ってるのではねるわぶっ飛ぶわですが、実はい市販車でも300馬力以上のクラスなら結構カオス化します(ダウンフォースが少ないのが原因か?)。
逆にバンピーな路面前提のラリーカーだと結構いい感じにこなすので案外まともなレースになったりならなかったり。

動画は結構ひどい状態に見えますが、録画一発撮りだったんで特別ひどいのを選んだ訳じゃないです。むしろもっとひどいレースいっぱいありましたから。

コメント (2)

まるぴん:

/^o^\<アッソサーン

下小川:

ニコ動のタグは勝手についてた/^o^\<アッソサーン

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2011年01月15日 03:27に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「お前の飾り棚はおかしい

次記事:「IRC-307-MX-SGA

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36