トップページ航海日誌魔改造VAIOは止まらない

« 100円ショップのペンのほうがマシなのは確定的に明らか | ブログトップ | 魔改造VAIOよ永遠なれ »

魔改造VAIOは止まらない

先日BD再生に成功した母のVAIO。
101119_1.jpg
しかし欲というのは恐ろしいもので、どうせやったならCPU強化もしようと考えた。
最早自作PCよりカオスっているVAIOなので本題に入る前に遍歴でも書いてみようと思う。

型番はVAIO PCV-J15。正式な購入時期は覚えていないが、02~03年頃にモニタのみ欠品の中古品を秋葉原のショップで購入した。
当時のスペックは
CPU AMD Duon800Mhz(Spitfire?)
MEM SDRAM 384MB(買った当時から増設済み)
HDD ATA100 40GB
OS WindowsMe

何故かMeが妙に安定しており、3ヶ月に1回くらいしかフリーズしないといMeにあるまじき安定性を誇っていた。その後80GB HDDを増設してWindows2000をインストール。環境移行用にデュアルブートにしたが結局後述のXP導入までデュアルブートのままだった。

101119_5.jpg
さて、Windows2000を入れてしばらくたった06年5月にこの純正マザーが起動不能に。当時のブログにはBIOSが死んだとか書いてあるが、BIOS画面さえ出なくなったの表現の方が正しい(当時は今以上にテキトーだったので)。
母はどうもこのVAIOが気に入っており、どうにかこの見た目のまま使えないかと言われ、マザー変更という暴挙に出ることに。

このPCV J15はM-ATX規格のケースではあるのだが、かなりコンパクト化されていて内部の余裕はあまり無い。ついでに電源がDuron800MHz向けの150W電源でここも交換必須だった。
しかし高出力なM-ATX電源は今でも判るとおり割高。急な故障だったので予算の余裕も無く、余っていた400W ATX電源を後部に外置きして、元の電源があった部分には排気ファンのみを設置するという暴挙の上の暴挙。
後ろに謎のブラックボックス

いくら電源を外置きしたところで小型のケースに排気ファン1個のみ&内部スペースに余裕が少ない。当時はPentium4末期~PentiumD発売頃。Intelプラットフォームはどう考えても不向きだったので、今まで働いたDuronにあわせる意味もありAMDに決定。

という訳でとにかく廉価で手に入ったBIOSTAR GeForce 6100 AM2に、Athron64の3000+ Orleans(ASCII.jpの紹介記事)を組み合わせ。このAM2版3000+、すぐに3200+が同等の値段に下がったので知る限りあっという間に市場から消えてしまい、モデルナンバー一覧表なんかでは存在しなかったりする。
しかも数自体大した数が入荷されなかったのか、このVAIOにつまれているのは見る限り↑のリンクの写真撮影に使われた個体そのもののようだ。

この時点で完璧に中身はVAIOではなくなり、OSもWin2000→XPへ入れ替えた。Meをインストールしてあった純正HDDもこの時外され、ソフトウェア的な面でも壁紙くらいしか原型を留めていない。ついでに電源LEDがブルーになった。
その後HDDをSATAにしたり、光学ドライブをスーパーマルチにしたりと更にいじくり倒されていたのだが、08年末に起動不能→マザーボード交換(当時のブログ)

ASUS M3A78-EM
新たにつけられたマザーはASUS M3A78-EM。急いで近所の店で買ったので選択肢があまり無かったというのが選択の理由なのだが、いざ使ってみると8000円程度というお手ごろ価格に、ローエンドグラボに迫る性能のオンボードグラフィック、その他も一通りの機能がそろっているステキマザーだった。

拡張ボードを挿す必要が無くなり、ケース内下部に余裕ができたのでマイクロATX電源をそこに置いてやっと外部やっつけ電源から解放された。
つっこんだ
しかし当時のこの写真見ると、内部のゴチャゴチャは許容範囲を超えている。もうちょいマジメにケーブル束ねろよ。

そして先日のBD再生機能追加。780Gのオンボードビデオ性能に助けられてとりあえず視聴には問題の無いレベルになっていたが、やはり各所でのもっさり感は隠せない。

という訳でやっと今日の本題、CPU強化です。1万円程度までOKだが安いのに越した事はないと。たとえ廉価モデルでも3000+と比べたら化け物的性能だし。
電源が300Wという事を考えると真っ先に思い浮かぶのがAthron IIのTDP45W系。コスト重視なら250e、色気を出せば最近新品価格が急落し、10000円を切る価格で売られている低電圧クアッドコアというステキな605e。

今までシングルコアのAthron 64 3000+だった訳だから今時のCPUに変えたら最早別物だろう。が、3000+のTDPは62W、TDP=消費電力ではないのは重々承知だが、TDP65WモデルならPhenomも動くのではないだろうか。
何より今までDuron→Athron64ときてるのだから次Phenomブランドにするとちょうどいい感じ!!(何よ

この理不尽な理由で、PhenomIIのTDP65Wモデルも候補に入れてみる。X2にTDP65WモデルはないのでX3以上…X3 705eやX4 910e等が出てくる。しかし新品は予算オーバーなので中古になる。Phenomブランドにこだわらなければどう考えてもAthron II 605eを選んだ方がいいだろう。
そして更に気づいた事がある。ネットでPhenom系のリテールCPUクーラーを見るとヒートパイプを採用した一回り大きいクーラー。左右方向に一回り広がる形になる。M3A78-EMは純正マザーに比べると、CPUソケットがかなり筐体前寄りになっており、現在のAthron64用クーラーでも既にFDDドライブ&ケーブルギリギリの位置。Phenom用は干渉の恐れが大きい。
消費電力も大きく、CPUクーラーの追加出費の恐れがあり、しかも予算的に中古品。さすがに今回はPhenomブランドを諦めるしかない。


さて換装用のCPUが届きました。
101119_6.jpg
PhenomII X3 700e。交換前のAthron64 3000+とツーショット。刻印以外は殆ど見た目に差はない。

…Phenom諦めたんじゃなかったのかお前。てか700eってなんだよ、705eのクロック低い版(705e 2.5GHzに対して2.4GHz)らしい。ちなみにじゃんぱらで6480円でした。中古バルクなら500円追加で705eが買えるのにわざわざ700eとか。

でもこの3コアって何かよくない!?自動車の5気筒エンジン的な!性能は当然クアッドに劣り、クアッドの1コアをつぶした状態なので消費電力はクアッドに対してあまり差が無いのでデュアルコアのような消費電力・発熱面でのアドバンテージが少ないとか!そしてその中でも一番クロック低いとかもうたまらーん。クアッドコア化?1コアたりないのが萌えるんだ!

この700e、国内で正式な単体販売はされていなく、バルク品が一時期流通したのみと思われる。Orleansの3000+とかいうマイナーCPUからおさらばすると思ったらまた変なもの用意しやがって!!要は上のツーショットは見る人が見ると何コイツバカだろ状態。


バルクの中古なので当然CPUクーラーは別個用意する事に。今回はツクモの通販で1980円とお手ごろだったCoolerMasterのHyper TX3をチョイス。これなら予算内だし事前にサイズを確認できたので干渉の心配はない。

101119_4.jpg
1980円とはいえさすがCoolerMaster、キッチリとした作りでファンには振動吸収要のパッドがついている。しかし今回はFDDとの干渉があるのでファンを吸出し方向に使うのでパッド意味なかったぜ!!

101119_3.jpg
さて組み込み完了。ついでにケーブル類も他PCで使っていたFDDラウンドケーブルや長さがピッタリなSATA電源ケーブルを使って極力マシな状態に。上の方にある古い写真に比べればだいぶスッキリした。
背の高いヒートパイプクーラーになったので本来の電源配置(筐体上部CPU脇)は絶対に無理になったがもう今更だ。電源は100円ショップの家具用耐震ゲルで筐体底に貼り付けてあるのだが、ガッチガチではがれなくひっくり返しても落ちないレベルでしかも振動も軽減なのでもうずっとコレでいいよ。

BIOSで無事認識…といいたいがBIOSが2年くらい前のモノだったのでモデルナンバーが正しく認識できていない。最新版へアップデートしてこの通り。
101119_2.jpg

さて、AMD系CPUにはCool'n'Quietという可変クロック機能がある。Core2DuoなんかはBIOSさえ設定すれば勝手に可変するが、AMDの場合環境によってはOS側で設定してやる必要がある。まあ検索すればいくらでも出てくるので詳細は省くけど、CPUのドライバがマイクロソフト製ではなくAMD製になってるか確認し(MS製の場合はドライバ別途インストール)、XPの場合は「画面のプロパティ」→「電源」→電源設定を「最小の電源管理」に変更する。機能すれば今回のPhenomIIの場合クロックが800MHzまで下がる。
有効にすると省電力化に加えてアイドル温度が下がるのでなかなかありがたい。

私は動作確認+アルファ程度の事しかしてないのであまり詳細な使用感はわからないが、さすがに動作速度は雲泥の差。クリスタルマークのCPU項目スコアを見ると私のE8400&E7600を超えているのでCPUだけ見れば我が家最速になってしまった。
母親の主な用途である動画視聴とブラウジング&オフィスソフトには十分以上の性能だ。CPUクーラー交換したのもあり、動作音&温度も低下。

この辺はHyperTX3の恩恵もあるのだが、ちょっとCPUクーラーに関してはちょっとネタがあるので改めて書くことになりそう。
とにもかくにも、WinMeのロゴシールが貼られたPCなのにPhenomだわBDドライブだわどうしょうもない状態になったとさ。

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2010年11月19日 22:52に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「100円ショップのペンのほうがマシなのは確定的に明らか

次記事:「魔改造VAIOよ永遠なれ

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36