トップページ航海日誌今更ノースウッド

« つるつる | ブログトップ | 修理費総額は聞かないで »

今更ノースウッド

某所から複数台引き取ったHPd330ST。
何度目だよこの写真
コンデンサ破裂のない2台は他のPCから状態の良い部品をかき集めてそれぞれ家族が使っているのだが、ノースウッド世代のセレロン2.4GHzは今の目で見るとさすがに物足りない性能。

100811_1.jpg
ちょうど安く中古が転がっていたのでPentium4 2.6CGHzを1個用意してみました。

d330STの場合Pentium4 2.8GHz HT搭載モデルがあるので、2.6CGHzへの交換はほぼリスクがありませぬ。現に2.8GHzにGeForceFX5200のせてぶん回してるd330STを見てるし。

早速家族共用PCにくっつけてみる。カポっと側面板外してカポっとクーラー外してカポっとCPU取り替えグリス塗って元に戻す。10分もかかりません。
ベンチマークスコアはCPU関連が1.5倍といったところだけど、体感速度はそれ以上の上昇。どことなく残っていたもっさり感が一切なくなっています。動作クロック・FSBの上昇、キャッシュの増加にHT、僅か1000円チョイでこれだけ性能アップできるならいいもんだ。
メモリ2GBにノースウッド2.6GHzならまだまだ戦えますね。

メモリ2GBにノースウッド2.6GHzならまだまだ戦えますね。

1台目の換装が思っていた以上に効果あったので…
100811_2.jpg
それならばともう1個中古の2.6CGHzを入手。今度は父専用PCに。

100811_3.jpg
ついでにこちらはちょっとだけ3Dを扱うので、AGP用グラフィックボードも中古で用意。Radeon9550とかいう微妙な型番のチップを搭載した玄人志向製。
9600の低性能版らしいが消費電力が少なそうなのとAGPの中古としては手ごろな価格だったので。

100811_4.jpg
CPU交換してグラボつけてーって結構ギチギチだなグラボ。
メモリスロットのレバーに当たる寸前というかグラボ外さないとメモリ抜き差しできませぬ。こちらはグラボの発熱もあるだろうし、BIOSでファンの回転数をアップしといた。
ちなみにセレロン搭載なのに何故かBIOSは最初からHT有効になっていた。

こうしてパンヤの30人露店もそこそこ回れるd330STになったとさ。まあ父PCでパンヤはやらんが。
HDDもSATA250GBに、メモリも1.5GB搭載にしてあるのでd330STとしてはかなり高性能になったんではないだろうか。というかもらった当時とは体感速度別物です。

そして発熱もプレスコット程ではないがパワーアップ。ステキな温風器ですね。

コメント (3)

 ちょww明らかにネカフェのPCww
 また熱暴走でダウンですねわかります

まるぴん:

socket478世代のPCって、マザーボードがネイティブでSATAをサポートしていれば、まだまだまだmだだまdmだmdま行けますよね。私はsocketAスキーですが。(^=^)

下小川:

まだまだ戦えるの文が下書きからのコピペミスで二重になってました。

まだまだまだまだまだだdd

幸いこのd330は電源もボードもSATAソケットががっつりついてます。そこまでいったならHDDをSATAにしておいてほしかった。

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2010年08月11日 18:19に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「つるつる

次記事:「修理費総額は聞かないで

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36