トップページ航海日誌せれろんさん

« Win2000ヤバーイ | ブログトップ | 朝でも室温30度 »

せれろんさん

少し前にゲーム用PCのマザー交換で余剰になったギガバイトのGA-G31M-S2L。メモリスロットが足りないってだけで交換したのでぜんぜん故障とかなくピンピンである。

一方メイン2台が共にWindows7になったせいで、一部の動画エンコーダーや録画ソフト、PS3を録画するための古いキャプチャボードをPentium4 3GHz+945PのXPマシンで(頻度は少ないが)ぶん回していた。性能的には許容範囲なんだけどうるせえ&温風器&マザーが一部損傷した危ない品なので、こいつにG31マザー&適当なCPUをくっつけりゃいいじゃねえかと思った訳です。

まあこのGA-G31M-S2L、今使ってるPentium4でも動くんだけどな。

適当な中古CPUでもあさってみるが、さすがにCore2世代は中古でもそこそこの値段がする。むしろ4000円~5000円でセレロンDualCore新品が買えるじゃねえか。

E3300が4300円から、E3400が5300円から。とにかく安くならE3300でいいし、E3400とはクロック差だけなので体感はほとんど差がないだろう。

しかしE3400は今年に発売されたばかりのCPU。上記の理由から位置づけも微妙だしたぶんあえて買う人は少なさそう。私は変態なのでE3400にしてみた。
100715_1.jpg


そういえば以前同じような理由でAthron64のAM2版3000+買ったら見事に即市場から消えたな!

という訳で早速組み込み。ケースはマウスコンピューターのドンガラなのでマイクロATXの中でもさらにコンパクトなこのマザーでは空間あまりまくり。
100715_2.jpg

キャプチャボード以外ほぼ最小構成。光学ドライブもなし。必要だったらETG-DS/US(USBデバイスサーバー)に接続している各種ドライブを使えばいいだけ。こういう時ガンガンドライブ類を省けるのはうれしい。


Pen4のころはオンボードのない945Pマザーだったのもあり6600GTをつけていたが、この6600GT、ファンが故障したので強引に8cmファンをぶらさげて冷却しているので、3スロット分くらいの場所を占有する。ATXマザーならそれで問題なかったのだがさすがにMATXマザーだとキャプチャボードさす場所がなくなるので却下。
6600GT用の冷却ファンを買うか、別のグラボが余ったらつければいいや。とりあえずオンボで。

データバックアップに使うことを考えて、あいたスペースには変換ケーブルとか投げ込んでおこう(オイ

とりあえずクリスタルマークを回してみると、6600GTを外した分のスコアを補って余りあるCPU性能差。かつて20000円はしたであろうPentium4 3GHzを5000円のセレロンでぶっちぎるとは技術の進歩ってすごいね!

体感速度も、メモリ1GB&オンボードの控えめスペックなのにサクサク動く。さすがに重いアプリや3Dゲームはキツいが、Pentium4に比べると体感が別物。そこそこのグラボつけりゃネトゲにも十分だなコレ。

いやーほんと最近のセレロンはコストパフォーマンスがすごいですね。


あまり参考にならないベンチ比較図
100715_3.png
メモリとHDDはどちらも同じ。

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2010年07月15日 00:58に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「Win2000ヤバーイ

次記事:「朝でも室温30度

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36