トップページ航海日誌Pentium4とWindows7

« パンヤの日記念壁紙 | ブログトップ | 想定外 »

Pentium4とWindows7

さて、先日の変態マザー導入で余剰になったPentium4とそれ用のマザー&メモリセット。近いうちにケースを1台奪ってくる予定だったのでそれにいれるつもりだったのだが、月末あたりになりそう。そこで不調でよく起動しなくなるPentiumIII機を分解してそのケースを使うことに。どうせケース奪ってきたとしても一部PentiumIII機から部品取る予定だったので別に大した問題はない。

何よりPen4セットはドでかいCPUクーラー(Hyper6)付けっぱなしなのでそのまま置いとくと箱に入らなくて邪魔でしょうがない。PenIIIなら薄いクーラーだから箱詰めできる。途中でケース排気の関係でHyper6を一度外して90度回転させるハメになったが。

さて、OSはもちろん旬のWindows7評価版ですよね!タダだし。
しかしマザーは865PE、グラボに至っては余りモノのGeForce4MX。大丈夫なのか(ドライバ的な意味で)。ついでにソフマップで通販するとき無意味にカートに入れちゃった中古80円サウンドカードもつけちゃう!

80円ブラスター

この80円サウンドカード、soundblaster Live! valueってやつらしいが随分前のモデルなだけに付属CD-ROMのドライバがWin98までだぜ。むしろ80円でCDと説明書ついてきたことに驚いたが。
とりあえず80円ブラスターとでも名付けておく。もし動かなかったら裏面で大根おろし作ります。

090809_2.jpg

サクっと組み立てた。メインPCでパワーランプ以外の存在価値を失っていたファンコンもくっつけたぜ。
検索したがマザー・グラボ・80円ブラスターの3つとも案の定XP用ドライバが関の山。念のため80円ブラスターはWin2000機で動作確認したが生きていたのでドライバさえどうにかすれば使えるハズ。
今回のPCにはDVDドライブがないのでUSB外付けDVDドライブからWin7をインストール。時間かかるが仕方ない。長々とかかってなんとかOSはインストール完了。ドライバはインストーラーが起動できないので互換モード使ったり直接ぶちこんだりして強引に入れてみる。

とりあえずマザーとサウンドカードは問題無く動いてるが、GeFo4MXは一部の動作でブルーバックするので仕方なく標準汎用ドライバ。DirectX動かないがどうせ今のところWin7じゃパンヤは動かないし別にいいや。

デスクトップ
Vistaを殆どさわってないのでXPとのインターフェイス差にはとまどったけど、ざっと使った感じなかなかよさげ。とりあえずPen4_3.2EとDDR2GBの組み合わせならXP並か一部はそれ以上の操作レスポンス(Aero?シラネーヨ)。ある程度のメモリ量があれば動作は軽量ってのは本当のようだ。これならソフト類が対応してきたら製品版を買って、ゲーム用PCに入れてみてもいいかもしれない。あと壁紙うぜえ。

コメント (2)

某23号:

えろDVD見ると描画が違うみたいでエロいよ、エロいよ!!
(なぜか音が出ないヤツもあるけど)
あと、パンヤはインスコ&アップデートできるけどいざスタート押すとシカトされてそれっきりっす

下小川:

DVDvideoはTAXI2しかもってないよ!
パンヤは念のため試してみたけど同じようにスタート押してもシカトされておしまいですのう。

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2009年08月09日 22:37に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「パンヤの日記念壁紙

次記事:「想定外

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36