トップページ航海日誌古いノートにSSD

« ポスター衣装セット | ブログトップ | UMDを使う日 »

古いノートにSSD

さて、2001年に買って幾度の修理と部品交換(自力)を繰り返しつつ未だに使ってるVAIOノートPCG-FX11/BP(というかマザーはFX55V/BP)。
ところが先々週辺りからHDDの音がちょっと変化していた。

HDDは一度容量アップのために純正20GBから80GBに換装しているのだがそれも確か2003年。つまり6年くらいこのHDD使っている事になる。いくらサブPCで使用頻度が少ないとはいえ、そろそろ壊れても文句は言えない時期である。

壊れてからでは厄介なので、HDDを交換することに。しかし今はサブPCとしてしか使っていないので容量はそんなにいらない。同等のHDDは新品で4000円程度する。
なら定額給付金も来るし、最近安くなってきたSSDに手を出してみようかと思った。

数は少ないながらSATAではなくIDE用のSSDもでてきている。廉価なモデルなら32GBで8000~9000円。古いサブPCに使っても許せる金額だ。

つー訳で前置き長いけど買って来ちゃいましたよIDE用SSD。

CSSD-PM32NL

CFDのCSSD-PM32NLというやつで容量は32GB。8000円台で買えました。
ATA133対応だけどVAIOはATA100までなオチがあるが、まあ大差ないだろう。

早速取り付け。ついでなのでOSも再インストールコースなのでバックアップとかは無しでいきなり交換しちゃいます。VAIO FXはノートとしてはシンプルなのでネジ2本でHDDとご対面。ソコからマウンター外すのもネジ4本です。
マウンターを外せばあとはネジで固定されているHDDをすっぽり入れ替えるだけ…と言いたいが、なんとこのSSD、ネジ穴が2つしかない(HDDは4つ)。なんかぐらつきそうだがとりあえず大丈夫だろう。

OSは今まで通りWindows2000を入れるが何故か一度インストール中に停止してしまった。廉価なSSDに出ると言うプチフリーズか?(書込みが集中すると固まるらしい)。
再度インストールをしたら今度はあっさり終了。というかフォーマットの早さに驚いたわ。


さて一通りドライバや必要ソフトも入れて無事セットアップ完了。起動時間はかなり早くなっている。1分10秒程度かかっていたのが40秒…半分近い時間になりました。
そもそも交換前のHDD、80GBの5400rpmなので純正20GBに比べるとすでに大幅な速度アップをしていたので、純正と比較したら恐ろしい差になると思われます。

CrystalDiskmark

とりあえずHDDベンチ(CrystalDiskmark)の数字おいておきますね。

まあ実際の使用感とかはまた後日書こうかな。

コメント (2)

ダリ:

SSD導入おめでとうーです?
なんかベンチがの差がおかしいくらいに、早くないっすか・・・?
うちのノートPCもHDD換えたらよみがえるかしら?(二年近く起動していない)

下小川:

根本的にHDDとSSDは原理が違うからベンチマークも恐ろしい差でますのう。
もともとの純正HDDは確か更に低い速度だったので最早別物状態です。

今度まとめて書いてみようと思ってるんですが、若干弱点もあるようです…まあそれを補って余りある速さですが。
とりあえずサブPCの復活には十分選択肢としていけそうですだ。

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2009年04月24日 23:41に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「ポスター衣装セット

次記事:「UMDを使う日

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36