トップページ航海日誌ノートPCと仮想メモリ

« おNEWマウス | ブログトップ | 分解魔 »

ノートPCと仮想メモリ

先日復活させたニコイチノートパソコン。
CPUはセレロン900MHzでWin2000を動かすには問題ないCPUなのですが、メモリスロットが1個死んでいるのでメモリが256MBまでしか搭載できていないという少々キツイ部分が残っていました。

メモリスロットはマザーボード直結なのでさすがにそこまでは弄れないので、これはガマンするとして、メモリが少ない為の仮想メモリの多用が問題になります。

仮想メモリはメモリが足りない分をHDDの一部を使用してカバーする機能なのですが、メモリに比べると速度が遅く、何より頻繁にHDDへ読み書きを行うのでHDDの寿命が短くなる可能性ががが。
その昔容量アップの為に当時大枚叩いて買った2.5インチ80GBハードディスクですが、今現時点で自宅で使用しているHDDの中では最古参になっています(5年目くらい)。
いつ死んでもおかしくはないので、せめて仮想メモリ分の読み書きを抑制させて延命させたい…

つー訳で試したのが仮想メモリを外部のUSBメモリに設定する方法。幸いノートPCには叔父が使っていたUSB2.0増設カードがあるのでそこに手持ちのUSBメモリを挿して仮想メモリをそこに作ってみる。

するとHDDのアクセスが減るばかりか、物理的にOS本体と仮想メモリが別になったお陰で体感速度も結構上昇!
めでたしめでたし!


・・・と言いたいところなのですが、実はこのノートパソコン、叔父が使ってた時に背面のUSBポートを2個とも潰してしまって使用不能に…PCカードスロットに増設した2つのUSBが生命線。その内1個はマウスに消費され、残り1個を仮想メモリ用USBメモリに占有させると他の機器が一切使用できないという不便仕様に。
マウスをUSBハブ経由にする方法もあるけどそうするとケーブルがグチャグチャで宜しくない。そもそもUSBメモリは自分のデータ持ち歩き用なので、仮想メモリ化するには新たにUSBメモリを購入しなければならない…とまあいろいろ不都合が。

CFさま

そこで注目したのが使わずに転がっていたCfカード(2GB)こいつに変換アダプタを付けてもう一つのPCカードスロットに組み込んで、それを仮想メモリ&IEテンポラリに割り振るという方法。
本当はPCBus対応の高速転送アダプタがほしいが、今更古いノートに4000円出すのも癪なので600円の単なる変換アダプタを調達。USBメモリと同様の設定をしてみる。

USBメモリの時より読み書き時にCPU消費があり、その時他のソフトがバリバリCPU消費してるとかなりラグるのが痛いが、それでも無い時よりは体感速度は速い(USBメモリと比べると遅いが)。何より当初の目的であるHDD延命には役立つ筈なので、とりあえずこの状態で暫く使ってみることにしますだ。

おまけ:今日の昼飯
199円
まさかの定価199円メンチカツ弁当。スパゲティとかふりかけとかも入ってて余りモノとりあえず詰め込んだんじゃねえかって気がするがうまかった。

コメント (3)

rong:

メインボード直刺しのメモリを512MBとかにしてみては?

あぁ、その出費がイヤなのか。

下小川:

PC133のSODIMM512MBなんてもう一台中古パソコン買えそうな恐怖価格

http://kakaku.com/item/05202010324/

バッファローので18000~35000円ナリ

rong:

あー、買い換えた方が楽かもw
とにかく、お疲れ様です。
つか、合体VAIOの片方、昔つかってたなw

コメントを投稿

うわっ…私のシェア低すぎ…?

About

2008年05月17日 22:53に投稿されたエントリーのページです。

前記事:「おNEWマウス

次記事:「分解魔

メインページアーカイブページもご覧下さい。

あーまーぞーん

ブログのフィード

Powered by
Movable Type 3.36